忍者ブログ
資格とスキル。どちらも仕事に大事なもの。資格とスキルについて思いついたことを綴ります。
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔宅建試験の内容〕  宅建の国家資格試験の50問。その中身は・・・土地の地積や形質について、さらに地目や種別。建物についても形質や建物の構造についてまたその種別。法的な問題として土地や建物に関する法的な権利や変動。土地や建物に関しての法令上の制限や税金に関すること。などなど。
 ピンと来ない人は、少し勉強不足かも。ですね。宅建の合格率の過去10年の平均は15%。簡単ではないですね。
〔ダンス@大人の習い事〕 映画「Shall we dance?」のヒットをきっかけに社交ダンスの知名度がかなり高くなりました。そのためか、大人の習い事としてダンスに夢中になる人は多いです。結構運動にもなりますし、夫婦で習う人もいるそうです。欧米などではダンスができることは当たり前のことですが、日本ではそこまでは浸透していませんね。とはいえ海外に行ったときにダンスパーティーにものおじせずに参加できるようになれば、海外の人とももっと親密な人間関係が築けるかもしれませんよね。

〔宅建試験の勉強〕  宅建試験の勉強では、3つの主要科目があります。その3つとは、「宅建業法」「権利関係」「法律上の制限」です。中でも宅建業法からの出題が多い傾向があります。
 3つの中で一番難しいのは権利関係でしょう。論理的な問題が多くて、問題やテキストを読んでも簡単に頭に入りにくいかもしれないです。ある程度割り切りも必要かも知れないです。

〔資格と求人〕 資格があると再就職にも有利です。求人には資格を限定したものが多いからです。資格を限定した求人の場合、報酬が他のものに比べて高めである事が多いです。求人を出す側にとっても、資格によってある程度のレベルを期待できるため、求人を出しやすいという面もあります。資格は求人を出す側にも求職者にも便利ですね。

〔宅建の将来性〕  不動産会社の事務所には5人中に1人以上の割合で宅建の取引主任者の資格を持っている人が要ります。つまり宅建は不動産業界には不可欠な資格です。
 その年収は?平均年収は約400万円くらいが現状のようです。でも、宅建にとどまらず、不動産鑑定士やマンション管理士、管理業務主任者などの資格もあわせて取得することで、さらなるアップも期待できるでしょう。

子供任せの勉強に限界を感じたら。勉強って方法が大事なのに、その方法を知らないでがんばってる/がんばれないでいる子は多いです。子供の性格によって、方法は違いますし、その子にあった方法を見つける手助けしてあげられたら、見つけた勉強のやり方は一生の宝です。家庭教師vs塾@横浜市・子供の性格と成績アップの勉強方法・小中高。放っておけない子供の勉強のこと。横浜市の方にも耳よりな情報はネットの情報収集で見つかることもあるのかも。
PR
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]